実力も必要な要素

占い師の募集記事をみて、私もやりたい!と思って応募しました。
私は学生時代から占いが好きで、趣味で手相やタロットの勉強をして友達を占ったりしていました。友達には「すごく良く当たる!」「なんでも見抜かれる!」と評判だったので、私は力のある占い師になれると思っていました。
そんなことがあったので、占い師の募集でオーディションがあっても、私なら大丈夫だと高を括っていました。しかし、結果は不合格。私の力ではきちんとしたプロの占い師とは呼べなかったようです。
私は驕っていた過去を反省し、占術の勉強はもちろん、話術や一般常識、心理学などの勉強も始めました。顔の見えない電話占いの占い師だからこそ、占術以外の知識も必要だと感じたのです。そして、また占い師募集に応募するつもりでいます。そのときは、今回みたいに過剰に自信を持たず、堅実的に占い師を目指したいと思います。

副業でできる占い師

最近は副業をしている人が多いと聞き、私もなにか生活に無理のない程度で副業をしてみたいと思いました。
しかし、現在の仕事以外に新しい仕事を始めるのは体力的にも時間的にも厳しいと思い、なかなか手が出ませんでした。
そんな時、最近副業を始めたという友人に、なんの副業を始めたのか聞いたところ、なんと占い師になったというのです。占い師って難しい仕事だと思っていた私はすごく驚きました。しかし、友人によれば占い師は特別な資格などは必要なく、自分の都合のいい時に小時間からできるらしく、副業にぴったりだと聞きました。特に、電話で占いをする占い師は自宅で仕事ができるので、夜などにちょっと働くということもできるそうです。
それを聞いた私はとても興味を持ち、副業として占い師になるというのも選択肢にいれ、そのための勉強を始めました。もう少ししたら占い師を募集しているところに応募してみようかなと思います。

募集要項を見比べる

占い師として活動しようと思ったとき、個人で活動するよりは、どこかのサイトに所属して活動したほうが良いかと思います。なぜなら、サポートなど自分だけでは不都合な部分も手助けしてもらえるからです。
しかし、サイトならどこでも良いというわけではありません。サイトやスタッフにも善し悪しがあります。自分の活動を円滑にするためにも、必ず良いサポートを得られるサイトを選ぶべきでしょう。
そのためには、様々なサイトの募集要項を見比べる必要があります。集客率や報酬率、鑑定以外のサポートなど、様々な点を確認して、自分が納得して働ける環境を選ぶようにしましょう。