電話占いサイトで占い師をしています

電話占いのサイトで占い師をやっているのですが、やはりしっかりした占いの知識がないとランキング上位に食い込むのは難しいと感じました。テレビに出ているような有名な占い師さんが登録をしている場合もありますし、若くてきれいな女性が登録をしている場合もあります。特にこれといった取り柄がない自分のような人間は、なかなか売れっ子になることが難しいと感じました。
そうした人たちと張り合っていくためには、料金を低く設定するなどしないといけません。生き残っていくために色々と工夫を凝らしていますが、まだまだ十分な稼ぎを電話占いだけで確保することはできていません。ただ、電話占いの利用者数は増え続けていると実感できていますから、将来的な展望は明るいと考えています。自宅にいながらにしてできる点が電話占いは楽なので、これからも続けていくつもりです。

対面と電話、どっちがおすすめか

よく占い師志望の人に聞かれるのが、「対面占いと電話占いはどっちのほうがいいですか?」というもの。何を持ってして良いというのかによっても答えは変わってくると思いますが、私はそう聞かれたときは電話占いをおすすめしています。
まず、たくさんの人を占える。対面だとどうしても近場の人や、なんとなく冷やかし気分で来る人が多くなりますが、電話占いなら幅広い地域の人達を占え、さらに自分を本当に必要としてくれている人の利用が多くなります。
また、待機の自由度も高く、短い時間の待機や深夜・早朝の待機も可能です。対面は基本的に日中~夜で長時間の待機が必要となるので、それが難しいという人には電話占いは特におすすめです。
もちろん全ての人がこの条件を良いと思えるわけではないので、個人差はあるのでしょうが、私は電話占いの方が働きやすいと感じています。

働きやすい環境とは

電話占いの占い師って、入れ替わりが激しくて、競争率の高い世界なんですよね。しばらく懇意にしてくれるお客様がいても、あるとき突然来なくなったり、新規在籍の占い師の方に流れてしまったり、掲示板などで話題の占い師に流れてしまったり。そうやって自分のところに来るお客様が減ると、活動は難しくなります。在籍数の少ないサイトなら多少の移り変わりがあっても、常に誰かしらは利用してくれるんですが、数百人規模の大きなサイトになると、何か特別な特徴がない限りすぐに埋もれてしまいます。
もし自分の力に自信があるのなら、大手のサイトで活躍するのもいいかもしれません。私はそんな自信がないので、十数人程度の小さなサイトで細々と活動しています。
これから占い師として活動しようと思っているのなら、そういったところにも目を向けてみるといいかもしれません。